カメラが周辺環境確認、追突や歩行者接近などを警告

海外の先進機器販売などを手掛けるジャパン・トゥエンティワン(J21、愛知県豊橋市)は3月17日、販売総代理店を務めているイスラエルのモービルアイ製造の衝突防止補助システム「Mobileye(モービルアイ)570」に関し、山九子会社の輸送会社サンキュウトランスポート6社が運用している全車両584台に導入することを決めたと発表した。

安全運転の確立と予想品質向上が狙いで、今年3月末までに搭載が完了する予定。今後は山九や他のグループ会社での活用も検討している。

モービルアイは車両のフロントガラスに後付け可能なシステムで、カメラが周辺状況を監視し、追突や前の車両との接近、歩行者の接近など5種類の警報を発して事故を未然に防ぐ仕組み。J21の調査では、装着後に追突事故の件数が8割強減るなどの効果を確認したという。

デジタルタコグラフやカメラと連携させれば、警報を発した数や車両の経路などの情報を基に、ドライバーごとの運転の特性をつかみ改善を指導することが可能になる。

J21は2011年にモービルアイの販売を開始、運輸・運送事業者らを中心に7万台以上を出荷してきた。

関連記事

  1. AD SUPER BRAIN 熊本県SDGs登録事業者に認定されました!

  2. 米アマゾンのサードパーティーセラー比率60%超

  3. 新型コロナウイルスの感染拡大による物流への影響

  4. 株式会社 東広島タクシー 地域を支える!地元の暮らしに寄り添うタクシー会社

  5. 「グリーン・ニューディール」復活 (時事通信) – Yahoo!ニュース

  6. 土佐町とSDGs推進に関する包括連携協定を締結いたします

  7. 熊本大同青果株式会社「熊本県SDGs登録制度」に登録されました

  8. 株式会社オハナ不動産

  9. レギュラーガソリン 価格高騰!

  10. 豊島は持続可能な消費社会と持続可能な生産システムをSDGsで共創する SDGs宣言

  11. ダイニチ食品 「愛知のキムチ」拡販 地産地消やSDGsテーマに改良 9月に月販1万パック突破 展示会出展でPR強化

  12. アイドリングストップはバッテリーの寿命をどれだけ縮めるのか