五所川原市のショッピングセンターで不要な洋服をリサイクルする取り組み始まる

2021/09/03(金) 18:45


持続可能な開発目標、SDGs活動の一環です。五所川原市のショッピングセンターで、洋服をリサイクルする取り組みが始まりました。

五所川原市のELMでは、3日から不要になった洋服を回収するイベントが始まりました。集められた洋服は、国内外の経済的に困っている子どもの支援に役立てられます。

洋服を10キロ以上持ち込むと、ELMで使える1000円分の商品券がもらえます。このイベントは12日まで行われています。

引用:ABA 青森朝日放送

洋服をリサイクルして子供の支援に役立てられるのは一石二鳥、素晴らしい取り組みです。

関連記事

  1. 音楽やアート、カルチャーを通じてリスナーとSDGsを共有する。 放送局の枠を超えたFM802の挑戦。

  2. 荒川河川巡視の社会実験に、 電動3輪バイク「アイディア AAカーゴ」が採用

  3. 清水銀行は、「静岡県SDGsビジネスアワード」に協力パートナーとして参画します。

  4. 「エシカル✕フェアトレード」かごバッグのスルシィ SDGsの取り組み

  5. 医薬品物流のプラットフォーム戦略 ③

  6. チバベジ ×TBS オンラインワークショップ フードロスをなくそう! “もったいない”はおいしい!

  7. “古民家”の宿 新スタイルにニーズ

  8. はなおか 持続可能な会社となり、 SDGsを通して社会貢献を継続してまいります

  9. バナナペーパーはSDGs 17目標すべてにつながる

  10. コロナ感染者数 2021.3.12 発表

  11. Amazon flexの現状

  12. “ごみゼロめざすビール” 上勝町で新たな挑戦