医薬品物流のプラットフォーム戦略 ④

「世界日通」が描く
医薬品物流のプラットフォーム戦略
AD日本通運株式会社

日本で構築した仕組みをグローバルに
 同社では今後、こうした仕組みをグローバルにも順次展開していく。まずは、医薬品に特化したゲートウエー施設を欧米、南アジアなどの各ブロックに開設して、同社が世界の主要47ヵ国に展開しているグローバル輸送網を活用し“線”でつないでいくことを構想している。

「そのためにも、まずは日本国内で温度管理技術など安全・安心のための技術を磨き上げ、グローバルでも対応できるスペックをつくり上げていきます」(石井副社長)

 新薬、ジェネリック、バイオ医薬品など、医薬品の研究開発は日々加速している。医薬品のサプライチェーンも今後、グローバル化のスピードをさらに増していくことになる。

「医薬品の管理基準は近い将来、世界的に統一されていきます。製造や消費も国を超えてグローバル化される中で、手に取った薬がどこでどのように作られ、どういう経路で届いたのか。そうした情報を把握する仕組みが必ず必要になります。そのためにも、高い物流品質と商流・物流の情報のプラットフォームが求められているのです」

 石井副社長は、オープンプラットフォームの重要性をそう強調した。

関連記事

  1. ゆやど雲仙新湯

  2. KHB 東日本放送 SDGs宣言

  3. 大塚食品 ゼロミートで卵を使わず「おいしい食感」を実現 

  4. Ca Et La(サエラ)+TIC 修理・リサイクルできるビニール傘オールプラスチック製

  5. 岩手町が2020年度SDGs未来都市に選定されました

  6. チバベジ ×TBS オンラインワークショップ フードロスをなくそう! “もったいない”はおいしい!

  7. 虹色ダイバーシティの取り組みLGBTとSDGs

  8. BC岩手放送 SDGメディア・コンパクトに加盟

  9. 横浜ブルーカーボン事業 YOKOHAMA BLUE CARBON

  10. カルネコ株式会社「2020年度 再エネ100%」のお知らせ

  11. シナネン TBS「Nスタ」にて新型マイクロ風車が紹介されました

  12. 共同プロ保険事務所はSDGsに取り組みます