医薬品物流のプラットフォーム戦略 ④

「世界日通」が描く
医薬品物流のプラットフォーム戦略
AD日本通運株式会社

日本で構築した仕組みをグローバルに
 同社では今後、こうした仕組みをグローバルにも順次展開していく。まずは、医薬品に特化したゲートウエー施設を欧米、南アジアなどの各ブロックに開設して、同社が世界の主要47ヵ国に展開しているグローバル輸送網を活用し“線”でつないでいくことを構想している。

「そのためにも、まずは日本国内で温度管理技術など安全・安心のための技術を磨き上げ、グローバルでも対応できるスペックをつくり上げていきます」(石井副社長)

 新薬、ジェネリック、バイオ医薬品など、医薬品の研究開発は日々加速している。医薬品のサプライチェーンも今後、グローバル化のスピードをさらに増していくことになる。

「医薬品の管理基準は近い将来、世界的に統一されていきます。製造や消費も国を超えてグローバル化される中で、手に取った薬がどこでどのように作られ、どういう経路で届いたのか。そうした情報を把握する仕組みが必ず必要になります。そのためにも、高い物流品質と商流・物流の情報のプラットフォームが求められているのです」

 石井副社長は、オープンプラットフォームの重要性をそう強調した。

関連記事

  1. イオン、容器リユース商品を発売 エステー、など13品目

  2. 政府、デジタル構想実現に重点 22年SDGsプラン

  3. ネオクラシック クローバーのSDGs宣言

  4. 福井県民生協は、SDGsの達成のための取り組みを推進していきます。

  5. 米自動車大手「フォード」電気自動車生産強化へ 3電池工場建設

  6. はなおか 持続可能な会社となり、 SDGsを通して社会貢献を継続してまいります

  7. 虹色ダイバーシティの取り組みLGBTとSDGs

  8. テンセンス株式会社 食べられるカップ エコプレッソで楽しく地球環境に貢献

  9. ついにオープン!「ゼロ・ウェイスト」なスーパーマーケット『斗々屋』が京都にオープン

  10. 政府、ドローン物流の指針作成へ 過疎地での実用化促進へ

  11. 廃棄される規格外の花を1本100円で販売!hananeが目指す“消費者も生産者も笑顔になる”仕組み【SDGs】

  12. 山日YBSグループSDGs宣言