政府、ドローン物流の指針作成へ 過疎地での実用化促進へ

政府が小型無人航空機(ドローン)を使った物流の実用化のためのガイドライン(指針)づくりに乗り出したことが25日、分かった。

すでに実験的に行っている自治体や企業などの課題を整理した上で、新規のドローン物流事業の参入を促す考え。ドローン物流は、運送業者不足に悩む離島を含む過疎地での実用化が特に期待されている。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-03-26-7.40.52.png
ANAホールディングスが行った、固定翼型ドローンを使って処方薬を離島に運ぶ実験。ドローン物流は離島や過疎地などでの実用化が期待されている=25日、長崎県五島市の久賀島(ANAHD提供)(株式会社 産経デジタル

【写真】ドローンを使って処方薬を離島に運ぶ実験  


現在のドローン飛行の規制は「レベル3」の段階で、ドローンの機体が運行者の視界から外れる「目視外飛行」は人がいない地域に限定されている。

ただ、こうした無人地域は多くのドローンが利用する携帯電話の第4世代(4G)移動通信方式の電波が飛んでいないため、ドローンのための通信網整備が重要となる。また電波が途絶した場合に備えて、トラックを併用した物流の整備も必要との課題も指摘されている。  

政府はこうした課題を集めた上で、来年度中にガイドラインとしてまとめる。国交省経済産業省総務省など関連する省庁で課題解決に向けた規制緩和の方向性も探る考えだ。  
一方、政府は令和4年度には有人地帯での目視外飛行「レベル4」の実用化を目指している。

ただ、ドローン物流の実用化は過疎地で喫緊の課題となっているため、レベル3の規制の範囲内で実用化するためのガイドラインを作成する。  

国土交通省は25日の非公開の検討会で、令和2年度に実証実験を実施した事業者や自治体から事業化に向けた課題を聞き取った。

引用:産経新聞

関連記事

  1. 千葉県内初!「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」に選定

  2. アートグループは、「ごみゼロ」「事故ゼロ」をめざす

  3. 八百屋ベンチャー「ヤオハチ」 SDGs週間に野菜の廃棄を減らす取り組み「フードロス削減Days」を実施

  4. 郁文館のSDGs活動を紹介する動画がTBS番組「あさチャン!」で紹介されました

  5. 「中小企業から地域を変える」岩手の塗装会社が回収布からサステイナブルな挑戦!SDGsに大事な“自分ゴト化”

  6. 日本の物流サービスは世界トップクラス。

  7. プラ容器、もう使い捨てなくていい。日本初上陸のLoopがすごい「3つの理由」

  8. 白龍堂はユニフォームレンタルを通じてSDGs

  9. 株式会社十八測量設計 熊本県SDGs登録業者(第1期)として登録になりました

  10. サガテレビは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

  11. 米自動車大手「フォード」電気自動車生産強化へ 3電池工場建設

  12. ダイニチ食品 「愛知のキムチ」拡販 地産地消やSDGsテーマに改良 9月に月販1万パック突破 展示会出展でPR強化