日本の物流サービスは世界トップクラス。

世界中で物流サービスが展開されているが、その中でも日本はトップクラスの技術を誇る。荷物を丁寧に扱い、ドライバーが笑顔で応対する。それだけのサービスを実現できるのはなぜか。その謎に迫ってみよう。

1.客のための明快なコンセプト

“日本の宅配便は、冷蔵・冷凍品、ゴルフ、スキーなど、運ぶ商品に特化した宅配便が豊富。スキー専用の宅配便は、スキーまたはスノーボードのグッズを宿泊先に直接届けてくれる。

さらに、日本を代表する「ヤマト運輸」の宅急便は、「電話一本で集荷」「翌日配達」「簡易な梱包」だけでなく、「明朗会計」もコンセプトに開発された。お客様第一のサービスを日夜生み出せているのも、明快なコンセプトがあるためだ。
2.ドライバーがすごい

日本の宅配便を支えているのは、実はドライバー。ただ運んでいるだけでなく、お客様の質問に答えたり、お届けにあがったお宅から配送を受け付けたりと、売上につながる役割も担っている。また会社の顔として、直接お客様に接するドライバーだからこそ分かる課題から、新サービスが開発されることもある。

例えば、ヤマト運輸の「スキー宅急便」は、スキー場が多い長野県の社員のアイデアをもとに開発したものだ。
3.宅配便の利用は外国人も簡単

宅配便は誰でも簡単に使える。日本語が分からなくても大丈夫。空港宅急便もとても便利で、旅行中の大荷物を宿泊施設から空港へ送る際などに活用できる。東京国際空港、成田国際空港をはじめ、全国の主要空港へのお届けに対応している。


4.ユニークなロゴ

宅配便は、日常に溶け込んでいる身近なサービス。その証拠に、日本の宅配便のロゴマークは、猫、カンガルー、小熊など、親しみやすくて覚えやすいものばかりだ。

日本で最も有名な宅配便のロゴマークのひとつは、ヤマト運輸のクロネコの親子。これは、クロネコのお母さんが、子ネコを大事にくわえている様子が描かれている。「母が子を大切に扱うように、同社はお客様のお荷物を丁寧に扱う」という、当時の社長である小倉康臣氏の想いを表したものだ。

関連記事

  1. シナネン TBS「Nスタ」にて新型マイクロ風車が紹介されました

  2. ルスツリゾート 自然の中でリラクゼーション SDGs

  3. テンセンス株式会社 食べられるカップ エコプレッソで楽しく地球環境に貢献

  4. 五所川原市のショッピングセンターで不要な洋服をリサイクルする取り組み始まる

  5. NTT 光技術で2040年度までに温室効果ガス排出量 実質ゼロ目標

  6. 福井県民生協は、SDGsの達成のための取り組みを推進していきます。

  7. 「ライスレジン」がテレビ東京系「ガイアの夜明け」にTV紹介されます

  8. ついにオープン!「ゼロ・ウェイスト」なスーパーマーケット『斗々屋』が京都にオープン

  9. BC岩手放送 SDGメディア・コンパクトに加盟

  10. 水木工務店のSDGsへの取り組み

  11. 有馬芳香堂 創業100年 「真面目で頑固な豆屋」が行うSDGsへの取り組み

  12. 医薬品物流のプラットフォーム戦略 ③