韓国でも軽貨物物流がニーズ

生鮮食品の早朝配送、クーパンが韓国全土に拡大
韓国電子商取引(EC)大手のクーパンが、有料会員向けに提供する生鮮食品早朝配送サービスを全国に拡大したと伝えた。自社の配達員が翌日に商品を届ける『ロケット配送』とともに、会員サービスの拡大に力を入れていく。
生鮮食品早朝配送サービス「ロケットフレッシュ」は、2018年10月にソウル瑞草区から開始。その後ソウル全域、仁川、京畿道など首都圏にも対象地域を広げ、このほど釜山や大邱など大都市を含む地方にも拡大した。有料会員「ロケットワウ」専用のサービスで、午前0時(一部地域は午後8時)までに注文すれば翌朝7時までに配送される。
取り扱う商品は野菜や果物、肉類などで、一人暮らしや共働き世帯をターゲットとしている。ロケットワウの加入者は現在100万人を超えるという。
クーパンは従来のロケット配送対象商品も早朝に配送するサービスを行っており、相乗効果も期待している。

関連記事

  1. 土佐町とSDGs推進に関する包括連携協定を締結いたします

  2. 熊本大同青果株式会社「熊本県SDGs登録制度」に登録されました

  3. AD SUPER BRAIN 熊本県SDGs登録事業者に認定されました!

  4. 電気自動車ベンチャー発の小型商用EV『ELEMO』が日本で初めてナンバー取得に成功【密着取材】

  5. 株式会社オハナ不動産

  6. 「グリーン・ニューディール」復活 (時事通信) – Yahoo!ニュース

  7. カメラが周辺環境確認、追突や歩行者接近などを警告

  8. 新型コロナウイルスの感染拡大による物流への影響

  9. 米アマゾンのサードパーティーセラー比率60%超

  10. レギュラーガソリン 価格高騰!

  11. 株式会社 東広島タクシー 地域を支える!地元の暮らしに寄り添うタクシー会社

  12. アイドリングストップはバッテリーの寿命をどれだけ縮めるのか