大分工業高生が発電用風車作り 全国SDGsコンテストで発表へ

2021/09/07 16:00

発表練習の打ち合わせをする生徒ら=大分市芳河原台の大分工業高

発表練習の打ち合わせをする生徒ら=大分市芳河原台の大分工業高

 【大分】SDGs(持続可能な開発目標)をテーマに大分市の大分工業高3年生8人が風力発電用の小型風車を作っている。学校の開校を祝う日(11月6日)に、風力で発電して再生エネの可能性を探る。今月18日にはSDGsの取り組みを発表する高校生の全国大会にオンラインで出場。「大分からSDGsを広めたい」と意気込んでいる。
 課題研究授業で、テレビ放映したNHKスペシャル「2030未来への分岐点」を視聴した。地球温暖化やプラスチック汚染の現状を学んだ。調べたところ、大分市の平均気温は1世紀ほど前より1・75度上昇していることを知った。195の国と地域が参加する、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の「1・5℃特別報告書」によると、約0・5度の地球温暖化が起こった期間(20年間)中、極端に気温が上昇、降水量が増えるなどの影響があったという。
 早速、再生エネを生み出す風車作りに着手。風が弱くても発電できる垂直軸型を選んだ。一般的なプロペラ型風車(水平軸型風車)に比べ、風が一定方向に吹かなくても発電ができる。騒音が少なく、コストも抑えられるという。高さは約1・2メートル。羽根は合成樹脂のポリプロピレン、軸はステンレス製とした。
 インターネットで専門家を探し、静岡県の元エンジニアの男性らに作り方を聞いた。電気系統は、電子機器システム開発の「デンケン」(由布市)が助言している。
 高校生SDGsコンテスト(日本経済新聞社主催)に出場する、代表の高安温翔(はると)さん(18)は「取り組みに協力してくれた人たちに感謝して発表に臨みたい」、高橋良太さん(18)は「自分たちの活動で少しでも周囲の考え方を変えたい」と話した。

引用:大分合同新聞

関連記事

  1. 自動配送ロボットが住宅街で薬を届ける“レジリエンスの高い街”で芽吹いた未来

  2. 大塚食品 ゼロミートで卵を使わず「おいしい食感」を実現 

  3. 日本盛 にほんさかり もっと、美味しく、美しく。SDGs宣言

  4. 株式会社 mint “ストーリー仕掛け”のツアーで地域と世界をつなぐ

  5. サガテレビは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

  6. ホテル浦島「地産地消の推進」「生産者との連携」

  7. タオルの端材再資源化 アップサイクル製織取り組み開始へ 今治タオル工組、クラボウと連携(愛媛)

  8. マルハチ村松(静岡県焼津市) 未来へ向け、海、森、人を守り収益化する老舗だし専門メーカーの挑戦

  9. “古民家”の宿 新スタイルにニーズ

  10. TABETE すべての「食べて」を、 食べ手につなぐ。食品ロスについて

  11. 大型施設イオンモール幕張新都心が“SDGsで集客” 古着持参で買い物券ゲット

  12. イワコンハウスのSDGs