タオルの端材再資源化 アップサイクル製織取り組み開始へ 今治タオル工組、クラボウと連携(愛媛)

9/7(火) 16:50配信0

愛媛新聞ONLINE

捨て耳(奥の右側)などタオルの端材から作られたアップサイクルタオル=7日午前、今治市東門町5丁目

 今治タオル工業組合(愛媛県今治市)はこのほど、繊維大手クラボウ(大阪市)と連携し、タオル製織で出た端材を再資源化したアップサイクルタオルの製織を始める。国連の持続可能な開発目標(SDGs)への意識高まりを受け、産地全体で資源ロス削減を目指す。  連携ではクラボウが運営する再資源化システム「L∞PLUS(ループラス)」を活用。今治市内にある組合加盟のタオルメーカー工場で回収した残糸やタオルの切れ端(捨て耳)などの端材を、クラボウが独自の反毛技術で綿状に戻して作った原糸を産地に供給。メーカーは原糸を用いて再度タオルに製織する。タオルにはさまざまな端材が混ざっているため、唯一無二の色合いが特徴。現在はメーカー各社へのビジネスモデルの提案段階だが、今後は賛同する各社がアパレルを含めた商品開発を進めるという。

引用:愛媛新聞社

関連記事

  1. 日本盛 にほんさかり もっと、美味しく、美しく。SDGs宣言

  2. ユニリーバ・ジャパンと花王の協働回収プログラム「みんなでボトルリサイクルプロジェクト」の進捗について

  3. 「2030 SDGsで変える 2019.2~2020.1版」冊子を無料でプレゼント!

  4. 大量生産、大量消費に警鐘「必要ないモノは買わないで」 パタゴニアが中古品販売イベントでPR

  5. 持続可能な社会づくりのために、「地球環境の保全」「地域社会への責任」「働きやすい職場環境の創出」の3つをテーマとして、九州ワークは真摯に社会課題の解決に取り組んでいます。

  6. 大和ハウスグループ SDGsで人・街・暮らしの価値共創

  7. フレスタは2015年に国連が採択したSDGs達成に向けて、社会課題の解決に取り組んでいます。

  8. クリエアナブキは、「みとよSDGs推進パートナー」として登録されました

  9. “ごみゼロめざすビール” 上勝町で新たな挑戦

  10. Akita Castle Hotel 秋田キャッスルホテル SDGsへの取り組み

  11. 政府、ドローン物流の指針作成へ 過疎地での実用化促進へ

  12. BSN新潟放送はSDGsに賛同します。