ペットボトルは適切に回収すれば環境負荷の低い飲料容器のひとつ。
お客様との連携により「ボトルtoボトル」の定着を目指します。

日本のコカ·コーラシステムのサスティナビリティー

日本のコカ·コーラシステムのサスティナビリティー

日本コカ·コーラ株式会社と全国5社のボトリング会社などから構成されるコカ·コーラシステムは、「世界中をうるおし、さわやかさを提供すること。前向きな変化をもたらすこと。」の事業目的にのっとり、日本が直面する重要な課題に対し、ビジネスを通じて変化をもたらしながら、未来を共創していくことに責任を持って取り組みます。2020年には「多様性の尊重」「地域社会」「資源」の3つのプラットフォームと9つの重点課題を特定し、システム共通のサスティナビリティーフレームワークを策定しました。各領域において事業活動を通じて社会課題の解決を目指すことで、持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも貢献してまいります。

sustainability_toppanel01-a.png
sustainability_toppanel02-a.png
sustainability_toppanel03.png

PICK UP

pickup_panel-olypara.png
pickup_TCC-WWW.png
pickup_panel01.png
panel06.png
panel10.jpg
panel_foundation.png
panel00_v01.png
panel_tokuho.png
inc-pickup_panel04.png

関連記事

  1. TBMは、SDGsに賛同し、事業を通じて貢献します。

  2. ホットマンは、国際社会の一員として積極的にSDGs(エスディージーズ)の達成に取り組みます。

  3. バナナペーパーはSDGs 17目標すべてにつながる

  4. グッドマンのサステナビリティ