大阪ガスは「2050年までにグループ内で二酸化炭素排出量ゼロを目指す」と発表。

大阪ガスは「2050年までにグループ内で二酸化炭素排出量ゼロを目指す」と発表しました。
 大阪ガスが1月25日に発表した『カーボンニュートラルビジョン』は、2050年までにグループ内での二酸化炭素の排出量をゼロにすることを目指すものです。このビジョンを達成するため、大阪ガスは2030年までに再生可能エネルギーによる国内の電力供給の割合を現在の4.5%から50%まで上げたいとしています。
 ほかにも、風力発電などで生じた電力を使い、都市ガスの主成分のメタンガスを精製できる新技術の開発を進めています。
 (大阪ガスの担当者)
 「菅首相が2050年に脱炭素社会の実現を目指すとの方針を示されましたが、これはまさに当社のような化石燃料を扱うエネルギー企業の決意を問われているものだと考えています。」
 大阪ガスはメタンガスの精製技術を2030年までに確立させたい考えです。

大阪ガスは「2050年までにグループ内で二酸化炭素排出量ゼロを目指す。

MBSニュース

関連記事

  1. 政府、デジタル構想実現に重点 22年SDGsプラン

  2. チュウブグループ 「芝生」 SDGs ゴール11

  3. 株式会社十八測量設計 熊本県SDGs登録業者(第1期)として登録になりました

  4. 江坂設備工業は、「事業活動」「人材育成・教育」「地球環境」「地域社会」4つの活動を通じSDGsを推進していきます。

  5. LIKEのサステナビリティ 人を活かし、未来を創造する

  6. 大塚食品 ゼロミートで卵を使わず「おいしい食感」を実現 

  7. ついにオープン!「ゼロ・ウェイスト」なスーパーマーケット『斗々屋』が京都にオープン

  8. 日本通運は物流業界で何位にいる?

  9. イワコンハウスのSDGs

  10. 株式会社バロン 環境ソリューション 北日本新聞に掲載されました!

  11. カルネコ株式会社「2020年度 再エネ100%」のお知らせ

  12. 大量生産、大量消費に警鐘「必要ないモノは買わないで」 パタゴニアが中古品販売イベントでPR