大阪ガスは「2050年までにグループ内で二酸化炭素排出量ゼロを目指す」と発表。

大阪ガスは「2050年までにグループ内で二酸化炭素排出量ゼロを目指す」と発表しました。
 大阪ガスが1月25日に発表した『カーボンニュートラルビジョン』は、2050年までにグループ内での二酸化炭素の排出量をゼロにすることを目指すものです。このビジョンを達成するため、大阪ガスは2030年までに再生可能エネルギーによる国内の電力供給の割合を現在の4.5%から50%まで上げたいとしています。
 ほかにも、風力発電などで生じた電力を使い、都市ガスの主成分のメタンガスを精製できる新技術の開発を進めています。
 (大阪ガスの担当者)
 「菅首相が2050年に脱炭素社会の実現を目指すとの方針を示されましたが、これはまさに当社のような化石燃料を扱うエネルギー企業の決意を問われているものだと考えています。」
 大阪ガスはメタンガスの精製技術を2030年までに確立させたい考えです。

大阪ガスは「2050年までにグループ内で二酸化炭素排出量ゼロを目指す。

MBSニュース

関連記事

  1. カルネコ株式会社「2020年度 再エネ100%」のお知らせ

  2. あいネットグループ SDGsで人と人とのつながりを大切に

  3. 富士屋ホテル(箱根・宮ノ下) SDGs推進委員会を設置

  4. 苅田町と日産自動車、電気自動車を活用し防災力強化と脱炭素化に向けて連携

  5. 橋本グループはSDGsの実現に向けて取り組んでいます

  6. トヨタカローラ新茨城 私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

  7. パナソニック、自動運転ライドシェアサービスを開始–本社エリア内を1日最大40往復

  8. 世界体操を竹あかりで盛り上げ 夜の小倉いろどる光1000本

  9. チバベジ ×TBS オンラインワークショップ フードロスをなくそう! “もったいない”はおいしい!

  10. 長寿乃里 環境への取り組み

  11. 【SDGs】山口県内のユニークな取り組みまとめてみた/2020年~2021年

  12. コンビニおでんも プラスチックごみ削減 割り引きの動き広がる