SUBARU SDGsの達成へ向けて、CSRの取り組みを強化

株式会社SUBARU

2021年4月15日

「とちぎSDGs推進企業制度」への登録について

このたび、株式会社SUBARU 航空宇宙カンパニー 宇都宮製作所は、栃木県が推進する「とちぎSDGs推進企業登録制度」に登録されました。

「とちぎSDGs推進企業登録制度」とは、栃木県内に本社又は支社等を有し、県内において事業活動を行う企業等が、SDGs達成に向けた意欲的な取り組みに関して「環境」「社会」「経済」の3側面で宣言した内容について登録する制度です。

SUBARUグループは、2025年に向けた中期経営ビジョン「STEP」で掲げたありたい姿「モノをつくる会社から笑顔をつくる会社へ」の実現に向けて、CSRの側面において特に重点的に取り組むべき6つの領域を定め、取り組みを進めています。各領域の2025年のありたい姿を明確にすることで、その目指すべき方向を示し、持続可能な開発目標(SDGs)の達成へ向けて積極的に貢献します。

SUBARUグループのCSR https://www.subaru.co.jp/csr/

【ご参考】
SUBARU SDGsの達成へ向けて、CSRの取り組みを強化
https://www.subaru.co.jp/press/news/2020_04_13_8532/

栃木県 とちぎSDGs推進企業登録制度について
http://www.pref.tochigi.lg.jp/f01/work/shoukougyou/sesaku/tochigisdgs2020.html

以上

2020年4月13日

株式会社SUBARU

・「SUBARUグローバルサステナビリティ方針」および「人権方針」を制定
・SUBARUグループのCSR重点6領域について、「2025年のありたい姿」を明確にし、SDGsに貢献
・2050年度に「カーボン・ニュートラルを目指す」長期目標を設定(スコープ1、2)

SUBARUは、2020年4月1日に「SUBARUグローバルサステナビリティ方針」と「人権方針」を制定しました。

社会環境が刻々と変わりゆくなか、事業を通じて社会に貢献し、ステークホルダーの期待・要請に応えていくためには、人権尊重の考え方をベースとし、グループ・グローバルでCSRの取り組みを推進していくことが必要であると考えます。こうしたSUBARUの考え方を2つの方針として明文化しました。

また、これらの方針をもとに、2018年に選定したSUBARUグループのCSR重点6領域について「2025年のありたい姿」を明確にしました。各領域の取り組みを一層強化し、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献していきます。特に環境領域においては、SUBARUグループが直接排出するCO2排出量削減(スコープ1、2)について「2050年度にカーボン・ニュートラルを目指す」という長期目標を設定しました。自動車走行時のCO2排出量の削減(スコープ3)と併せて、脱炭素社会に向けた取り組みを積極的に進めていきます。

1.「SUBARUグローバルサステナビリティ方針」の制定 (「CSR方針」を改定・名称変更)
SUBARUでは、これまで2009年6月に改定した「CSR方針」の下、CSRの取り組みを推進してきましたが、社会環境やステークホルダーとの関わり方の変化を踏まえ、かつ、グループ・グローバルの従業員が意思を共有できるものとして、「SUBARUグローバルサステナビリティ方針」を制定しました。
この方針は、株式会社SUBARUおよびすべての子会社に適用されるものです。

【SUBARUグローバルサステナビリティ方針】

私たちSUBARUグループ*は、人・社会・環境の調和を目指し、

1. 事業を通じて、地球環境の保護を含む様々な社会課題の解決と、持続可能な社会の実現に貢献します。

2. 高品質と個性を大切にし、先進の技術で、SUBARUならではの価値を提供し続け、
SUBARUグループに関わるすべての人々の人生を豊かにしていきます。

3. 国際社会における良き企業市民として、人権および多様な価値観・個性を尊重し、
すべてのステークホルダーに誠実に向き合います。

4. 従業員一人ひとりが、安全に安心して働くことができ、かつ働きがいを感じられるよう職場環境を向上させます。

5. 国際ルールや各国・地域の法令を遵守するとともに、その文化・慣習等を尊重し、
公正で透明な企業統治を行います。

6. ステークホルダーとの対話を経営に活かすとともに、適時かつ適切に企業情報を開示します。

*SUBARUグループ:株式会社SUBARUおよびすべての子会社

詳細はこちらへ SUBARUグローバルサステナビリティ方針

2.「人権方針」の制定
SUBARUグループは、人を第一に考え、「人を中心としたモノづくり」を行っています。「一人ひとりの人権と個性を尊重」することは、「人・社会・環境の調和」を目指して豊かな社会づくりに貢献したいという、SUBARUの企業理念を実現するための重要な経営課題と捉え、「人権方針」を制定しました。
この方針は、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」に準拠し、株式会社SUBARUおよびすべての子会社に適用されるものです。
また、サプライチェーンを含め、事業に関連するビジネスパートナーやその他の関係者にも、この方針に基づく人権尊重の働きかけを行い、人権尊重の取り組みを推進します。

詳細はこちらへ 人権方針

3.SUBARUグループのCSR重点6領域、「2025年のありたい姿」の明確化と貢献するSDGs
SUBARUグループは、2025年に向けた中期経営ビジョン「STEP」(2018年7月発表)で定めたありたい姿「モノをつくる会社から笑顔をつくる会社へ」の実現に向けて、CSRの側面において特に重点的に取り組むべき6つの領域を掲げて、取り組みを進めています。各領域の2025年のありたい姿を明確にすることで、その目指すべき方向を示し、持続可能な開発目標(SDGs)の達成へ向けて積極的に貢献します。

SUBARUグループの
CSR重点6領域
2025年のありたい姿貢献するSDGs
人を中心とした自動車文化人の心や人生を豊かにするパートナーとなる企業になる。
共感・共生広く社会から信頼・共感され、共生できる企業になる。
安心すべてのステークホルダーに「最高の安心」を感じていただける企業になる。
ダイバーシティすべての人々の多様な価値観を尊重しつつ、多様な市場価値を創出する事業を推進する。
環境企業活動を通じて「大地と空と自然」が広がる地球環境を大切に守っていく。
コンプライアンス誠実に行動し、社会から信頼され、共感される企業になる。

<SDGsへの貢献の具体例:「安心」>
「2030年に死亡交通事故ゼロ*を目指す」というSUBARUグループの取り組みは、ターゲット3.6「2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる」ことに貢献します。

*SUBARU乗車中の死亡事故およびSUBARU車との衝突による歩行者・自転車などの死亡事故をゼロに

その他の領域の具体的な取り組みなどについては、2020年8月発行予定の「SUBARU CSRレポート 2020」でお伝えします。

4.2050年度に「カーボン・ニュートラルを目指す」長期目標を設定(スコープ1、2)
生産・物流・販売などの事業活動を通じて直接排出するCO2の削減(スコープ1、2)については新たに、「2050年度に、カーボン・ニュートラルを目指す」という長期目標を設定しました。このことにより、事業活動と商品(スコープ3)の両面で長期目標を明確化し、脱炭素社会の実現を目指した取り組みを推進していきます。

カテゴリー時期目標
スコープ1、22050年度カーボン・ニュートラルを目指す
2030年度2016年比30%削減(総量ベース)*1
スコープ3*2
(商品)
2050年Well to Wheelで新車平均(走行時)のCO2排出量を、2010年比で90%削減
2030年まで全世界販売台数の40%以上を、電気自動車(EV)+ハイブリッド車にする
2030年代前半生産・販売する全てのSUBARU車に電動技術を搭載

*1 2018年10月 「CSRレポート2018」にて公表済み
*2 2020年1月20日 ニュースリリース:「SUBARU 技術ミーティング」を開催

https://www.subaru.co.jp/press/news/2020_01_20_8231/ にて公表済み

[PDF/306 KB]

引用:株式会社SUBARU

関連記事

  1. ダイニチ食品 「愛知のキムチ」拡販 地産地消やSDGsテーマに改良 9月に月販1万パック突破 展示会出展でPR強化

  2. ユニリーバ・ジャパンと花王の協働回収プログラム「みんなでボトルリサイクルプロジェクト」の進捗について

  3. クリーンな水とエネルギーを世界へ――三野禎男(日立造船取締役社長兼COO)【佐藤優の頂上対決】

  4. イムラ封筒 間伐材で緑を育てる

  5. 水木工務店のSDGsへの取り組み

  6. みちのくコカ・コーラボトリング、花巻市と協働したSDGsの取り組みとして「フードロス対策ラッピング自動販売機」を設置

  7. 虹色ダイバーシティの取り組みLGBTとSDGs

  8. 漁業再生へ 大崎上島で日本初の取り組み 地球派宣言

  9. 千葉県内初!「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」に選定

  10. 荒川河川巡視の社会実験に、 電動3輪バイク「アイディア AAカーゴ」が採用

  11. 医薬品物流のプラットフォーム戦略 ④

  12. 医薬品物流のプラットフォーム戦略 ②