菅首相 持続可能な「食料システム」構築進めると強調 国連会合

2021年9月24日 5時24分 環境

菅総理大臣は、食料分野の対策を話し合う国連のオンライン会合にビデオメッセージを寄せ「新型コロナの感染拡大などにより、世界で食料不安が深刻化している」としたうえで、農林水産業の脱炭素化など、環境負荷の少ない持続可能な「食料システム」の構築を進めていくと強調しました。

持続可能な開発目標=「SDGs」の達成に向けて、各国の首脳などが食料分野の対策を話し合う国連の会合がオンライン形式で開かれ、菅総理大臣がビデオメッセージを寄せました。

この中で、菅総理大臣は「新型コロナの感染拡大や頻発する自然災害などにより、世界で食料不安が深刻化している」として、飢餓の撲滅など、世界の食料をめぐる課題に取り組むためには、食料の生産や流通といった一連の過程を「食料システム」として、一体的にとらえていくことが重要だと指摘しました。

そのうえで「生産性の向上と持続可能性の両立の鍵となるのは、イノベーションやデジタル化の推進、科学技術の活用だ」と述べ、農林水産業の脱炭素化など、環境負荷の少ない持続可能な「食料システム」の構築を進めていくと強調しました。

そして、菅総理大臣は、食料分野でも、引き続き、自由で公正な貿易の旗振り役を務めていくとともに、各国や地域の気候風土や食文化を踏まえた取り組みを進めていく考えを示しました。

引用:NHK

先進国では食品ロスが問題になっています。一方、世界では食糧が不足している地域も数多く存在しています。そういった地域の、やせ細った子供たちを見ると胸がつぶれる思いです。早く世界中の子供たちがお腹一杯食べられる世界になってもらいたいものです。

関連記事

  1. ホテル浦島「地産地消の推進」「生産者との連携」

  2. シナネン TBS「Nスタ」にて新型マイクロ風車が紹介されました

  3. 日本製紙グループ 企業グループ理念の実現に向けた経営の重要課題/重要課題の解決を通じたSDGsへの貢献

  4. 日本盛 にほんさかり もっと、美味しく、美しく。SDGs宣言

  5. 自動配送ロボットが住宅街で薬を届ける“レジリエンスの高い街”で芽吹いた未来

  6. シンクロアイズ 全員兼業・リモートワーク でSDGsに取り組む

  7. チヨダ工業株式会社 木質流動成形技術で新たな木材加工技術に挑戦しています。

  8. SF Holdings。ドローンを使った商品配達の免許の交付

  9. 株式会社 御菓子所 高木 愛され続ける和菓子店であるために、100年前から変わらない想い

  10. 【SDGs 福島から未来へ】ノーリン 森林資源無駄なく循環

  11. 株式会社オハナ不動産

  12. 【SDGs】日本が世界に誇るトイレ技術!タッチレス、除菌水、節水…TOTOはさらなる進化で安全で快適な社会を目指す